INTERVIEWインタビュー

丁寧に信頼関係を築き
チーム一体でお客様に向き合う

2013年入社
日本モーゲージサービス株式会社 
ローンサポート業務部 部長

【職歴】
地方の金融機関にて法人向けの融資を担当

きっかけ

前職では主に法人向け融資の担当として様々な金融商品を扱っていました。その中で特に面白いと感じていたのが建設や不動産の分野でした。しかし、2005年に耐震偽装問題が起きた時、当時扱っていた金融商品だけでは顧客の問題を解決することができず歯がゆい思いをしました。
当社はグループに住宅瑕疵保険法人であるハウスジーメンの存在があり、住宅・建設の分野に特化した商品を多く持っていることから、企業に対し多方面からの貢献ができることに魅力を感じました。また、代理店制度をとっており、中小企業に寄り添ったお手伝いができるところもよいと感じました。

部署の仕事

当社の役割は、提携する住宅会社が住宅を1棟でも多く販売できるよう、住宅ローンに関するお手伝いをすることです。
私の部署の仕事は、大きく2つに分かれます。1つ目は、提携する住宅会社のフォローを行い、融資申込につなげていくことです。具体的には、住宅会社から住宅ローンに関する相談を受けたり、ニーズに合ったご提案を行ったりしています。展示場といった住宅の営業現場に出向くことも多いですよ。また、住宅会社にとっての新たなビジネスとして、住宅ローン関連の金融事業立上げのご提案をすることもあります。
2つ目は、加盟して間もない代理店に対するサポートを担当しています。営業コンサルティングという観点で、当社商品の内容や事務手続きの方法、営業の手法まで細かくレクチャーしています。

管理職として

融資という金融商品は、何か問題が起きたときに担当者が一人で抱え込みやすいんです。最近ニュースで目にする金融機関の不祥事は、そこから始まるといっても過言ではないと私は考えています。そうならないように、一人ひとりに対して目を配ることが何よりも大事だと思っています。かつ自主性を重視していますので、積極的に意見を言える雰囲気つくりをしています。
全員が同じ方向を見て、一人ではなくチームで仕事をしているんだという一体感を大切にしています。

やりがい

提携する住宅会社はそれぞれ仕事の進め方や社風が確立されていますから、求めるニーズも異なります。そのためそれをキャッチアップすることはとても大変です。コツコツと信頼関係を築き上げ、先方のニーズに合致した丁寧な提案ができたとき、大きなやりがいを感じます。
また、当社と代理店は密接なパートナーだと考えていますので、Win-Winの関係になれるよう、まずは当社の考え方や方針を理解していただくことに力を注ぎます。時には代理店より、他の住宅ローンに比べて書類や手続きが多いとお叱りを受けることもありますが、それもマイホームを購入する消費者を守るためですから、根気よく説明をします。当社の考え方が代理店に理解され、代理店の融資申込件数が増えるなど成長を実感する時も、とても嬉しいです。そしてこれらの取り組みが、予算達成につながった時の喜びもひとしおです。

組織風土

自主性を重視しており、役職の有無を問わず、キャンペーンなどの企画も提案しやすいカルチャーです。上司もそれに対してスピーディに判断し、サポートを行いますから、結果的に住宅会社や代理店などに対して良い提案が出来ています。
皆のモチベーションが高く、ベクトルも合っているなと思います。チームで部署の数字を達成するんだという志も強く持っています。おかげさまでここ数年連続で予算が達成できています。
とはいえ、業務の合間に大好きな野球やマラソン等のプライベートの話をすることも多いですし、メンバーも気さくで話かけやすい雰囲気を持つ会社だと思います。

こんな人が当社に向いている

個人プレイではなくチームプレイができる、そしていつまでも謙虚さを忘れない人ですかね。また、住宅ローンを借りられる方や住宅会社、代理店に貢献したい、一緒に成長したいという気持ちを持っていることも大切です。
住宅ローンは正直どこで借りても同じかもしれません。そして借りている間はどこの金融会社であるか、ということはあまり気にしないと思います。でも、ローン完済後に振り返って、「そういえばMSJはいつも丁寧に対応してくれた」、「借り換えの手続きも素早かった」など当社を利用して良かったと思ってもらえたら嬉しい。そういう会社にしていきたいと思っていますので、すぐに結果が出なくとも粘り強く仕事に取り組める人が向いていると思います。

OFF TIME

横浜ベイスターズのファンなので、お休みの日は横浜スタジアムに応援に行くことが多いです。また、社内のランニング同好会に所属しているのでランニングをしたりしています。今は、まだ10km程しか走れないですが、いつかフルマラソンを完走できる日を目指し特訓中です。