INTERVIEWインタビュー

社員の活躍を後押しする
よきサポーターでありたい

2019 年入社
日本モーゲージサービス株式会社
経営管理部 総務人事室

【職歴】
販売職のアルバイトでリーダーを経験

きっかけ

15歳から7年ほど、地元の人気和菓子店で接客・販売のアルバイトをしていました。最終的にバイトリーダーとしてスタッフを統括する役割を担っていましたが、将来的なキャリアを考え事務職を希望。派遣会社より当社を紹介していただきました。
オフィスの備品管理や郵便物対応などの総務事務を中心に業務を行い、一年半ほどで正社員登用となりました。

わたしの仕事

現在は総務事務のなかでも「人が動く」際に必要となる部分を担当しています。例えば、入社時のPCや周辺機器を揃えたり、文具や名刺の管理などです。あとは社員の皆さんからの依頼に都度対応しています。
総務は社員の困りごとを解決するコンシェルジュのような役割。細かい依頼が多いからこそ「ありがとう」という感謝の気持ちを沢山もらえることが嬉しいです。

やりがい

社員になったことで、担当者として業務を任せてもらえることが増えました。昨年度はPCのリプレイス(入替え)に伴う、古いPC廃棄を担当しました。委託先との契約から、廃棄証明の発行など一連の業務のなかで、思ったよりも判断をしなくてはいけない場面が多くて。今まで長く担当していた先輩に都度聞けば解決するかもしれませんが、自分なりに過程がわかるような手順書を作るなどの工夫をしました。
業務の流れをよくするために創意工夫するのは、アルバイト時代にも常に心がけていた部分。自分を含め新メンバーが入り、チームとしての働き方をつくっているところですので、社内のナレッジ蓄積にもつながり、やりがいもあります。

こんな人が向いている

MSJグループが住宅会社に向けたサービスを展開しているように、わたしたち総務は社内に向けたサポートサービスを扱う部署だと思っています。
社員が業務に集中できる環境づくりをサポートするということは、結果的に社員の手が回らない・誰かがやらないといけないような仕事の依頼が多くなります。窓口として親しみやすく、話を聞ける人であるように意識をしています。
また、緊急性が高いタスクが飛び込んでくる事もしばしばあり、複数業務を同時進行できるマルチタスク能力も必要だと感じます。

今後のビジョン

まだ総務という仕事の一部分しか見えていないので、様々な業務を経験して自分のなかに定着させていきたいです。
どこまでが総務としての業務なのかうまく整理できず悩むときもありますが、迷った時には上司に相談すると、その回答がいつも的確で、温かみもあり。一朝一夕にたどり着けるものではないと判っていますが、自分もはやく経験を積んで上司のような判断力を養っていきたいと思います。
身近に尊敬できる姿があることが、自分自身の成長につながっていると感じます。

OFF TIME

旅先で美味しいものを食べるのが好きなのですが、コロナ禍でなかなか旅行もかなわず、最近は家でお酒と相性の合うおつまみの組み合わせに凝っています。
最近ハマっているのは日本酒で、ご当地のお漬物などと合わせています。
気軽に旅行に行けるようになったら、SNSで知った東北のお店の日本酒イベントに行って、友人たちと「これが好き」「あれもいいね」って飲み比べをして盛り上がりたいですね。