INTERVIEWインタビュー

MSJグループの成⻑を
ITの⼒で加速させる

2013年⼊社
株式会社住宅アカデメイア
情報システム部 企画室室⻑

【職歴】
独⽴系システム企業で機器制御に関わるソフトウェア開発を担当

きっかけ

大学で電子工学を専攻後、組込みソフトウェア開発の職についていましたが、年次が進むにつれ管理職となり開発現場から距離ができて物足りなさを感じるようになりました。また、業務分掌がきっちり分けられた業界特徴を、業務の責任権限や役割分担に制限があると感じるようになり、もっと柔軟に働ける仕事を求めて転職を考えました。

私の仕事

MSJグループで提供している住宅会社の事業支援クラウドサービス「助っ人クラウド」の企画・設計・運用を担当しています。助っ人クラウドとは、接客から建設・竣工後のアフターメンテナンスまで網羅した、業務効率化を助けるクラウドシステム。
住宅事業の全工程をカバーするものなので、利用ユーザーも住宅会社の営業・設計をはじめ経理やアフター部門の人まで多岐に渡り、PCスキルのレベルもさまざま。皆さんにとって使いやすいサービスを提供するため、細かいバージョンアップを常に行っています。

やりがい

MSJグループの事業拡大とともに、当社で提供するシステムも機能追加やリニューアルを重ねてきました。助っ人クラウドは、多くの住宅会社が利用できるクラウドサービスという面と、当グループの業務を支えるシステムという面を併せ持つので、双方使いやすいように企画設計を詰めていくことがこの仕事の面白さであり、やりがいです。
助っ人クラウドの前身となるサービスの頃から、⻑く良好な関係が続いている住宅会社様が多く、その存在がとても励みになっています。また、提供サービスを更新し続けるという事は、過去の自分がいいと思ったものを変えなければならない苦しさもあります。常に自分自身を新しい状態にしておくことを心がけています。

こんな人が当社に向いている

組織自体に柔軟さがあり、上司との距離も近いと思います。
意見や提案にしっかりと耳を傾け、壁にぶつかったときは実現に向けた支援をしてくれるなど、あたたかく風通しのよい職場環境だと感じています。その分、企画を実現させるための想像力を持ち、やり抜く胆力も必要です。

今後のビジョン

建設業のDX化というと大きな言葉になってしまいますが、住宅会社のみなさんに「MSJグループのサービスを使うと仕事がスムーズになる」と体験してもらえるよう、助っ人クラウドをはじめとしたサービスをもっと発展させていきたいですね。
加えて、今まで蓄積されてきたデータをどう活用していくかなど、新しいビジネスフェーズに備えたいと思っています。

OFF TIME

年齢を重ねても続けられる趣味が欲しいと思い、3年前からトライアスロンを始めました。スイム1.5km・バイク40km・ラン10kmで行うオリンピックディスタンスのレースに年に4〜5回ほど出場しています。自己ベストは2時間40分台。最近はスイムのスピード改善のためにレッスンに通ったりもしています。
夢は表彰台に立つことで、今はまだ届かないのですが50代クラスで実現できるようコツコツ続けていきたいです。